2020年04月04日

苗づくり開始 🌱

今日は久々の土曜休みだったため、今年の苗づくりを始めるべく、土と養育ポットを買いに出掛けてきました。昨年11月に越してきて、今年は初めてのお庭づくりです。もともと義母のおうちだったため把握しきれていない残された植物もあり、様子を見ながらのお庭づくりになります。あまりいっぺんに欲張って植えたいものを植えるのではなく、自然に生えてくるものを世話して整理しながらのんびり自分好みに変えていこうかと思っています (^_^)。とりあえず花の方は絶対に植えたかったアフリカンマリーゴールドとかすみ草だけは種子を通販で発注。ラベンダーもほしいと思ってましたがどうやら植えられている模様なので、状況把握はできていないけれど今年も生えてくるのか様子見です。室内もアパート暮らしの頃とは環境が変わり、出窓がなくなってかわりにテラスがあるので明るめの日陰がなくなってガラス越しではありますが日向ができた感じですかね…。持ってきた観葉植物も環境を整え直さないと。出窓がないって、植物好きにはなかなか不便 (^_^;)

野菜はあまり忙しくなっても困るので今年はトマト・ミニトマトとミツバ、イタリアンパセリ、ラディッシュ程度にしておこうかと思っています。今日はトマトのコンパニオンプランツにする予定のバジルと室内栽培する予定のミツバとイタリアンパセリの種まきをしました。いずれ移す予定のバジルは養育ポットに種まき用の用土を使って、ミツバとイタリアンパセリは本番用の鉢に底に鉢底石を敷いてからバーミキュライトだけで植えてみました。2週間くらい掛かるだろうから、水を切らさないようにだけ気をつけて後はひたすら待つのみ。この3つはすべて発芽に光が必要な好光性種子。発芽に20℃以上必要なため、基本室内に置きますがなるべく陽に当ててあげるようにします。暖かい日は少々面倒ではありますが日中はテラスに出して日没前に室内に仕舞うを繰り返してあげようと思います。バーミキュライトだけで育てるのは初めてなのでうまくいくものなのかわかりませんが、用土が清潔でいいかなと思ってどんなものかやってみました。

トマトは今年は大玉を種から育ててみるべく、届き待ち。トマト類の種はなかなか高額なので(2株育てば苗買うのとちょんちょんにはなるんですが)、うまくいくものなのか、今回は1種類だけ買ってみました。ミニトマトはいつもどおり苗が出たら買いに行くつもりでいます。ラディッシュは早ければ2、3日で発芽するので、5月に入ってからでいいかなと…。また虫の季節がくる前に早々に収穫して食べる&漬けてしまう予定。

IMG_0876.jpg

観葉植物はとりあえずひとつだけ新しい仲間を増やしました。前々から欲しかったアジアンタムです。シダ科で小さなかわいらしい葉っぱがわしゃわしゃ生えてきます。日当たりが良くなくても育つのが魅力で朝しか日当たりの良くない玄関に置きたいなと思い買ってきました。なかなか難しいらしいのですが、がんばって育ててみようと思います(^_^)。
posted by SaoKKK at 17:49 | Comment(0) | 家庭菜園日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。